• 全身脱毛の基礎知識を知ろう

  • 料金はどれ位かかるのか

    脱毛サロンで使われるフラッシュなどの脱毛機器は、医療脱毛レーザー機器と比べて出力が低いため、回数を重ねることで十分な効果を出します。全身脱毛の場合は、12~18回通うのが一般的です。全身脱毛の料金…

  • 医療脱毛と脱毛サロンの違い

    医療脱毛は、医療用レーザー脱毛器を使って脱毛サロンよりも強い出力で毛母細胞にダメージを与えます。医師による診察を受けた上で使用する脱毛器の種類と脱毛方法についてリスクも含めた解説を行い、納得した上…

  • 毛周期を把握してムダ打ちを減らす

    全身脱毛の施術をスムーズに進めるためには、毛周期に応じて通院をしてムダ打ちをなるべく減らすことが大事なポイントとなります。そこで、全身脱毛の豊富な実績があるクリニックのカウンセリングの時間を使って…

  • ムダ毛のコンプレックス解消に役立つ全身脱毛

    ムダ毛の濃さに対してコンプレックスを抱えている場合、全身脱毛によってムダ毛の目立たないボディを実現できるため、今まで以上に自信を持って生活できるようになります。

  • 全身脱毛のトラブルを回避しよう

    全身脱毛を受ける時の注意点があるのはご存じでしょうか。正しく注意点を守らないと肌トラブルを起こす事もあり、全身脱毛自体が続けられなくなる可能性もあります。なので、注意点を守りトラブルを回避しましょう。

  • 生理日を避ける

    全身脱毛を行う際は生理日を避けたほうがよいです。生理期間中は肌が敏感になりやすいため、普段は慣れているから大丈夫な場合でも、いつも以上に痛みを感じ、耐えられない可能性があります。それに加えて、生理…

  • 日焼けに注意する

    夏場になると、屋外のレジャーなどで日焼けをすることがありますが、実は全身脱毛をする場合、日焼けはNGとされています。なぜNGなのかというと、光脱毛やレーザー脱毛の仕組みにその理由があるのです。全身…

  • 飲酒に注意する

    飲酒後は肌のトラブルになりやすい

    脱毛エステサロンでは、脱毛の前後の飲酒を制限しています。その理由は、お酒を飲んでしまうと血行が良くなり体温が上昇するため、肌に赤みやかゆみ、湿疹が出てしまうことがあります。かゆみや湿疹が出た状態で脱毛の施術をしてしまうと、肌にダメージを与える可能性があります。飲酒をすると喉が渇きますが、それは体内の水分がアルコールによって奪われるからです。そうすると肌が乾燥してしまい、脱毛の施術ができなくなってしまいます。特にお酒を飲み過ぎた状態で脱毛の施術をすると、普段は肌の異常が無くても肌が敏感になっている場合が多く、肌のトラブルになってしまうかもしれません。脱毛エステサロンではトラブルの回避のため、飲酒後の時間をある程度空けることを勧めています。

    お酒が冷めるのには個人差がある

    脱毛施術前後の飲酒を止めた方がいいことは理解できましたが、どの程度時間を空ければいいのかが問題です。お酒を飲んでアルコール分が身体に周り、俗に酔いが回るのには個人差があります。ビールに例えると中ジョッキ1杯で酔いが回る人と、何杯飲んでもケロリとしている人もいます。アルコールの分解速度が、個人差により違うとされているからです。一般的な目安は脱毛施術の前の日、当日、次の日までは飲酒は控えた方がいいとされています。もし飲み会が入ってしまったら、基本施術の予約を変えた方が賢明です。どうしても次の予約の都合がつかない場合は、飲まない意思を固めノンアルコールのドリンクで乗り切りましょう。綺麗になるため脱毛するのに、肌を痛めては元も子もないからです。